中国での日本語教師、いいところもあるが、気になるところも

今はグローバルな時代になりました。多くの企業が海外に進出し、多くの海外の方が日本に興味をもっています。そんな中、中国では日本語を学ぶ人が増えています。多くの大学では日本語学べるような体制を整えていて日本語教師を求めています。そんな中国での日本語教師のメリットとデメリットを考えてみました。

中国での日本語教師としてのメリットは

ほとんどの大学では宿泊施設があり、利用できますのでお金がかからないことがあります。そして物価が違う中国での生活になりますので食費などの生活に必要なものは贅沢をしないかぎり、日本に比べると安いということがあります。普通に生活をしていても物価が安いので日本にいる時の生活費より安くできることがあります。

大学卒業していれば出来る

日本ではとても考えられないことです。中国での日本語教師は大学を卒業していれば教師として教壇に立つことができます。大学によってはその他の条件もありますが、日本での日本語教師ほどハードルは高くないことがあります。中国ではすぐに大学教員となれるわけです。

経験になる

グローバルな世の中です。海外での経験はとても役にたちます。特に日本語教師はもう日本で仕事をするだけのものではなくなっています。日本語教師としてだけではなく、教師として海外で教壇に立ち教えるという経験は多くのメリットがあります。日本で教師をする時にも役に立つものですし、中国では多くの学校が募集をしていますので転職が簡単にできます。経験が豊富な方が特に中国では、給料も違ってくることもあります。日本で日本語教師として経験をつむということはじ時間がかかります。しかし、求められている中国では半分以下の時間で多くの経験をつむことになります。

とはいっても・・・

デメリットといえば、やはり給料になります。日本でのいろんな仕事よりはるかに安いものです。異国の地に行ってそれだけの給料なのかと思ってしまう額になります。また、大学は基本的に1年契約なので1年後はどうなるか分からないし、求職活動をする必要がでてきます。そして、最大のデメリットと言えば、生活環境になれることが出来るということがあります。中国のその地域に馴染めるかが問題です。

関連する記事