中国での日本語教師は実際どうなのか

中国で日本語教師をするのに気になることは、なんといっても給料や生活面です。いくら募集があって日本より中国の方が就職があるといっても心配です。ここでは中国での日本語教師のことについて紹介いたします。

いい給料といってもおかしくない日本語教師

国や政府の認可を受けた大学での日本語教師は最低賃金が保証されていて、地域によっては差がありますが、日本円で約6万円の給料になります。少ない!と思ってしまう金額になりますが、中国ではいい給料の職業の一つなのです。

しかし、面倒をみてくれる

ほとんどの大学では日本語教師は貴重な存在ですので生活面も面倒をみてくれるところがあります。住む家を学校が負担してくれています。家賃や光熱費がかからないということです。

渡航費も負担してくれる

日本から中国の大学までの費用を出してくれます。心配や問題もなく向こうについて生活もできますし、日本語教師としてやっていける環境があります。

比較してみると

給料が6万円程度で日本に比べると戸惑ってしまう金額になります。しかし、よく考えてみると、実際に日本で就職して日本語教師としてやっていくには簡単なことではありません。相当なスキルと運が必要になってきていることが、日本での日本語教師の実情です。中国での生活と日本での生活を比較してみると家賃がかからない中国では給料は日本に比べると安いものですが、日本とは物価も違うこともあり、食費などが日本に比べるとかなり安いことなど、考え方によってはそんなに日本と変わらないか、結果敵に所得が多くなる場合もあります。日本語教師として職に就くことができて、スキルアップにもなります。日本で日本語教師として教壇に立つより困難が少なく収入にもなってきます。

注意することは

学校によって条件は異なります。自分の日本語教師としてのスキルをしっかり把握して、学校のルールなど理解することが必要です。学校によっては日本では思いもしないルールなどありますので、ここをしっかり抑えておくことです。

関連する記事