日本語を学びたい中国

中国では日本語を学びたいという人が急激に増えています。資格や能力が収入に繋がるということは日本でも同じことですが中国では日本よりもの凄く給料に直結するキャリアップになっています。そんな中国で日本語教師はとても求められています。

海外で日本語を学ぶ半数が中国人

日本は今人気の国でもあります。日本の文化や歴史を好む外国人も多く日本語を学びたいという人が年々増え続けています。また、ビジネスで日本語が必要な人も多く、日本語教師が求められているというわけです。特に中国は人口も多いこともあり、日本との関わりも多く日本語を学びたい人が多く存在します。

日本語ができると給料が高い

日本語ができるかできないかで中国では就職では有利な扱いをうけます。実力主義である中国ではどうしてももっておきたいスキルの一つなのです。

日本語教師としての注意点

それだけ中国では人気で日本語教師が求められているのであれば、日本で教えるより絶対中国に行って教える方がいいと思うのが普通です。しかし、注意点がいくつかあります。まずは、給料はそんなに高いわけではないことと、文化の違いがあります。給料は日本での感覚だと、ショックを受けることになります。また、文化や歴史の違う国での生活が待っています。日本語を教えるときもこの文化の違いで教えることに苦労することも考えられます。

忘れてはいけないこと

中国という国を知ることが一番大事なことです。まったく知らないで日本語を教えるのとでは伝わり方が違います。極端に言えば、日本人は自然に並ぶという習慣があります。しかし、中国人はそんな感覚がないということが代表的な違いになります。このような文化の違いを理解していることが大事なことになります。また、中国では多くの大学が日本語を教えるようになってきています。教える側も多くの選択肢が増えているということです。自分にあうような大学など選択することができます。求められているので自分にあう場所を探して教えることができます。

関連する記事