日本語を学ぶ人が急激に増えている

中国では日本語を学ぶ方が急激に増えています。それには、中国の経済発展と日本企業の中国進出などの経済面での関わりが多くなっていることが理由の一つでもあります。日本語教師が中国では求められています。そんな中国での日本語教師についてお伝えいたします。

実際のところどうなんでしょうか?

日本語教師の求人は中国では多く、日本人はもちろんのこと、日本語教師と名乗ればすぐにできます。しかし、しっかり教えることが出来るようなスキルは必要です。中国という国に興味があり、中国が好きな方が上手く行きます。仕事もあり、生活環境も整っているとはいえ、そこは日本ではないのでグローバルな感覚が必要になってきます。中国人はどちらかと言えば、おおらかで日本人のように細かくないということがよく言われていることです。日本人と似ているところは多々ありますが、実際に中国に行けばまったく別の世界です。そんな世界を受け入れて、馴染めるような感覚が必要になります。

報酬はどうなんでしょうか?

中国と日本では物価が違います。日本と同じような報酬がもらえるかと言えば、そうではありません。求められている地域によっも変わってきます。どんな仕事も最初の報酬は少ないものです。さらに、中国では少ない報酬になることは覚悟しておく必要があります。ですが、日本にいて日本語教師の求人はほとんどなく、報酬もそこまで高いといえるものではありません。中国では日本に比べると、報酬は少ないものですが求められていて仕事があります。

日本ではボランティアで教える方が多い

日本では無償で行っている日本語教師がたくさんいます。ある意味それだけレベルが高いと言えます。報酬をもらえるような日本語教師になるまで時間がかかるということです。ですが、中国では違います。ですから、計画的に中国で経験を積み、日本での教師を目指すことは賢い選択でもあります。日本にいても経験もつめないし報酬にもならない、だけど日本語教師としてやっていきたいと思う方には、需要がある中国での日本語教師がおすすめなんです。

関連する記事